木の魅力
1.12.2020

主な工法

木材製品はほとんどの新築や改築に適しています。木造構造は、高層ビル、大型ホール、橋などの建築物で、さまざまな用途で利用されます。構造物に加え、木材製品の一般的な用途には窓やドア、内装装飾、家具などがあります。木材の使用を規制する建設基準は国... 木材製品はほとんどの新築や改築に適しています。木造構造は、高層ビル、大型ホール、橋などの建築物で、さまざまな用途で利用されます。構造物に加え、木材製品の一般的な用途には窓やドア、内装装飾、家具などがあります。木材の使用を規制する建設基準は国により異なります。  木造建築物には工業的な選択肢がたくさんあり、状況に応じて最適の方法を選ぶことができます。中でも一般的なものが、非常に高度なプレハブと高速建築です。従来の工法の半分ほどの工期で木造建築物を建てることが可能です。 耐力壁 木造建築物で最も一般的に使用される枠組工法は耐力壁を土台にして1階ごとに区切った工法です。耐力壁は大きな木骨造の要素や硬い木材でできた要素を使って建てることができます。木造の中間床構造のスパンは最大7mまで可能です。耐力壁線は通常建物の外壁や仕切りとなる壁(アパートの仕切り壁が一般的)です。構造部の床や一部の

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む
1.12.2020

大型構造物

高度な木造建築技術により、大型商業施設、体育館、コミュニティホール、工場、倉庫、農業施設など、大型の建物にも木材を使用することが可能になっています。ホールの場合、枠組構造、屋根、壁は通常専用のシステムを使用します。構造的にこれらの部材が一つ... 高度な木造建築技術により、大型商業施設、体育館、コミュニティホール、工場、倉庫、農業施設など、大型の建物にも木材を使用することが可能になっています。ホールの場合、枠組構造、屋根、壁は通常専用のシステムを使用します。構造的にこれらの部材が一つに統合されます。枠組構造は必要なスパンによって決まります。大型の柱、梁、格子構造に最もよく使われる素材はグルーラムです。壁や屋根は大型の木造枠組の部材を使用することがほとんどで、これにより建物の剛性も高まります。

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む
1.12.2020

木造建築の防音性

木造建築の防音にはコンクリート建築とは違った方法が用いられます。耐火性の高い木造建築の多くは防音性にも優れています。 空気伝播音の防音性を高めるために、仕切り壁や中間床構造が層を成して作られ、層と層の間を空けることで音が構造物に伝わるのを防... 木造建築の防音にはコンクリート建築とは違った方法が用いられます。耐火性の高い木造建築の多くは防音性にも優れています。 空気伝播音の防音性を高めるために、仕切り壁や中間床構造が層を成して作られ、層と層の間を空けることで音が構造物に伝わるのを防ぎます。床の足音を吸収するために、構造的な振動を軽減する素材を追加します。優れた防音性を実現するには、構造物、ジョイント部分、穿孔がしっかりしていることが重要です。構造的な防音性は、一番弱い連結部分に左右されます。 木造建築でも高い防音性を実現し、厳しい防音条件をクリアすることができます。

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む
1.12.2020

木造建築の防火性

木材は可燃性であると同時に、防火性の高い建材です。火事の際、木材は1分間に1mmの速さで均一に焦げるので、火事の際の不可抵抗と倒壊の可能性は正確に予測することができます。そのため、他の建材に比べてスムーズな救助活動が可能になります。 木造建... 木材は可燃性であると同時に、防火性の高い建材です。火事の際、木材は1分間に1mmの速さで均一に焦げるので、火事の際の不可抵抗と倒壊の可能性は正確に予測することができます。そのため、他の建材に比べてスムーズな救助活動が可能になります。 木造建築では30、60、90、120分間の耐火時間を比較的簡単に実現できます。構造上必要な耐火時間は構造を保護するクラッディング(通常は石膏ボード)を使用したり、火事の際の焦げを考慮して木材の構造部分の寸法を決めることで確保できます。火事になると石膏ボードに吸収されている水分が蒸発し、火と反対側のボードの表面温度を低く保ち、木材の発火を防ぎます。構造部の空洞部分には不燃性の断熱材を使用することで、木材の構造部分を保護し、木材が焦げるスピードを遅くすることができます。 構造的な防火対策に加え、木造建築にはスプリンクラーを使った自動消火システムを設置することができ

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む
1.12.2020

木造建築の耐久性

正確に設計された木造建築物は高い耐久性を備えています。世界では1,000年を経ても元の姿で残っている木造建築物があります。フィンランドで最も古い木造建築物はキフニオにあるTarsia Granaryで、1441年に建てられました。 木材の寿... 正確に設計された木造建築物は高い耐久性を備えています。世界では1,000年を経ても元の姿で残っている木造建築物があります。フィンランドで最も古い木造建築物はキフニオにあるTarsia Granaryで、1441年に建てられました。 木材の寿命を延ばす方法は次のとおりです。 木材に適した用途を選ぶこと 用途に合わせた種類や品質の木材を選ぶこと 構造部を乾燥した状態で保つこと 水、湿気、直射日光が当たらないように、構造部を適切に保護すること 防腐剤や防虫剤などを使用すること 塗料、ラッカー、ワックスなどで表面処理加工を施すこと 木材の手入れ、磨耗しやすい部分の交換を行うこと

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む
1.12.2020

設計基準

が決まっています。ユーロコードとは荷重がかかる構造物の設計に関するヨーロッパの規格です。現在、ユーロコードは58のパートから構成されています。ユーロコードがカバーしているのは、信頼性決定の原則と積載荷重、雪荷重、風荷重、温度による荷重、事故... が決まっています。ユーロコードとは荷重がかかる構造物の設計に関するヨーロッパの規格です。現在、ユーロコードは58のパートから構成されています。ユーロコードがカバーしているのは、信頼性決定の原則と積載荷重、雪荷重、風荷重、温度による荷重、事故荷重、吊り上げ荷重などさまざまな荷重です。建材には専用の詳細な取扱説明書があります。他国での規格の適用には国家付属書(NA)を準備する必要があります。 木材の設計値はヨーロッパの統一製品規格に従ってテストされ、このテストに基づいて木材製品のCEマーキングが許可されます。特性は各製品のパフォーマンスレベル情報に記載されています。

続きを読む ショー リトル
ここで記事全体を読む